イベント
Event

いわさきちひろの子どもの情景

いわさきちひろの子どもの情景
いわさきちひろの子どもの情景

いわさきちひろは、生涯子どもの心を見つめ、描きつづけました。「私には、どんなにどろだらけの子どもでも、ボロをまとっている子どもでも、夢をもった美しい子どもに、みえてしまうのです」と語っています。ちひろの子どもへの優しい眼差しには家族の大切さ、自然への敬愛、そして平和への願いが込められています。はないちもんめ、ままごと、ロンドン橋がおちる…ちひろが描いた子どもたちの情景のなかに心をあそばせながら、ちひろ美術館からやってきたいわさきちひろの作品を裏磐梯の豊かな自然の中でお愉しみいただければと思います。

いわさきちひろの子どもの情景

いわさきちひろ 1918~1974
いわさきちひろは、子どもを生涯のテーマとして描き続けた画家でした。モデルなしで10ヵ月と1歳のあかちゃんを描き分け、その観察力とデッサン力を駆使して9,400点を超える作品のなかに子どものあらゆる姿を描き出しています。ちひろの作品は、母親として子育てをしながら、子どものスケッチを積み重ねるなかで生まれました。青春時代に戦争を体験したちひろは、「世界中のこども みんなに 平和としあわせを」ということばを残しています。ちひろが描いた子どもや花は、今もいのちの輝き、平和の大切さを語り続けています。
ピエゾグラフとは
極めて高度な再現能力を持つエプソンのピエゾグラフ技法を用い、現在の原画の状態を再現するとともに、将来にわたって原画のデータを保存するデジタルアーカイブの試みです。
いわさきちひろの子どもの情景

◆ちひろの絵とおはなし

日 時 :11月6日(日)
時 間 :13:00~13:30
申し込み:不要
参加費 :無料
対 象 :園児から大人
いわさきちひろってどんな人?絵の特徴は?ちひろ美術館の学芸員がわかりやすくお話をし、絵本の読み聞かせもします。ゆっくりとちひろの絵本の世界をお楽しみください。

いわさきちひろの子どもの情景

◆水彩技法のカードをつくって手紙をだそう

日 時 :11月6日(日)
時 間 :13:30~14:50
申し込み :ホテルへお電話ください
TEL 0241-32-2211
参加費 :無料 定員:20名
対 象 :小学生以上
ちひろの絵の特徴である、にじみを生かして、グリーティングカードを作ります。封筒とちひろの絵の切手もご用意します。

主催:公益財団法人ギャラリーエークワッド/後援:裏磐梯観光協会/
協力:ちひろ美術館,裏磐梯高原ホテル,株式会社アサヒプロパティズ
お問合せ:裏磐梯高原ホテル〒969-2701福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字湯平山1171/TEL 0241-32-2211

展示会・講演会一覧

  • Access アクセスのご案内
  • Anniversary アニバーサリーオプション
  • セミナー・会議
  • Photo Gallery 写真で見る裏磐梯
  • History 昭和38年からの歩み
  • Official BLOG 近隣情報等を発信!
  • メルマガ会員募集中
  • 裏磐梯&弥六沼ライブカメラ
  • ライブカメラに関するお知らせ
  • 裏磐梯高原ホテルFacebook
  • 裏磐梯高原ホテルYoutube

ページの先頭へ