イベント
Event

延藤安弘コレクション「世界の住まいとまち絵本展」

延藤安弘コレクション「世界の住まいとまち絵本展」

本企画展は子どものための絵本を超えて、大人のための絵本活用の可能性にせまります。「まち育て」の専門家である延藤安弘氏は、合理的思考の行き過ぎた現代にあって、人の生き方を豊かにする地域づくりの視点で、絵本を2000冊以上コレクションしています。絵本の発想にふれると、生きる力が湧いてくる、日常の暮らしが楽しくなる、自分の地域を誇らしく思える発見がある、、、そんなことをねらいとして、テーマ性をもった絵本展示をしたいと思います。普通の本屋さんじゃ探せない、見たことのない素晴らしい絵本が世界中から集まってきます。ゆっくりとした時間の流れのなかで、絵本の世界を堪能していただける企画です。

C.W. ニコル

● 関連イベント
幻燈會ー音楽と絵本の響き合う夕べー
ー延藤氏の語りと音楽家の即興演奏のコラボレーションー
・日時 :2014 年5 月5 日(月)20:00~ 21:00
・出演 :延藤安弘、河野典子(作曲家・ピアニスト)
・対象 :小学生以上

延藤 安弘(えんどうやすひろ)
1940年、レンゲ畑ひろがる大阪に生まれる。京都大学大学院建築学専攻(修士課程)修了。幼い頃から絵本好き。日々、絵本の発想―子ども・生きものを慈しみ遊び心を大切にする―を実現する住まい・まち育て研究・実践の、全国行脚を続けている。まち育て物語を熱く語る「幻燈会」が各地で好評、必ず冒頭に絵本を活用する。著書に『まち再生の術語集』(岩波書店)など。現在、NPO法人まちの縁側育くみ隊代表理事。

<ピアニスト・作曲家/河野典子さんについて>
「幻燈會/音楽と絵本の響き合う夕べ」は、元々1995年の阪神淡路大震災の後に、神戸市真野地区の住民を支援するために始めたものである。各地で多能な音楽家と巡り会えたがその中でも河野典子さんは格別の位置にある。彼女は演奏家だけでなく作曲家であることが、小生の語りと映像と音楽の融合において格別なシーンをもたらしてくれる。例えば、赤岡の「冬の夏祭り」の路上での住民と留学生のデュエット「荒城の月」は、滝廉太郎風ではなくドビッシー風に編曲されることにより、深い共感の世界をひらいていく。ピアニッシモの美しさや繊細なレガート奏法を目指す河野さんの即興演奏は開催される幻燈會においても、皆さまを絵本の温かな世界に導く助け役となってくれるだろう。(延藤安弘)

河野 典子(こうののりこ)
東京音楽大学作曲家卒業。ピアノ、フルート、歌の指導を行うかたわら、ソロやアンサンブルの演奏活動を行ってきた。「人の心を休ませる音は、言霊の力を持つ言葉との深い響きあいの中で生まれてくる」ことを目指している。作曲もするので、アドリブの効いた演奏が持ち味である。

お問合せ先:裏磐梯高原ホテルフロントまで。TEL.0241-32-2211
〒969-2701福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字湯平山1171

幻燈会「音楽と絵本の響き合う夕べ」終了のご報告

5月5日、こどもの日イベントとして、「まち育て」の専門家である延藤安弘先生と、ピアニスト・作曲家の河野典子さんをお迎えし、幻燈会「音楽と絵本の響き合う夕べ を開催いたしました。

まちは誰かがつくるのではなく、わたしたち一人ひとりが「育てるもの」。そんなメッセージを、絵本のスライドをもって力強く語る延藤先生。そして、柔らかいタッチで優しい音色を奏でる河野さんのピアノ。相互浸透から発せられるエネルギーに、ご参加の皆さまは熱心に聞き入っておられました。

イベントには、お子さまを含むたくさんの皆さまにご参加をいただき、盛況の内に終了することができました。

延藤先生、河野さんをはじめ、ご参加いただきました皆さま、誠にありがとうございます。

  • 音楽と絵本の響き合う夕べ
  • 音楽と絵本の響き合う夕べ
  • 音楽と絵本の響き合う夕べ
  • 音楽と絵本の響き合う夕べ

展示会・講演会一覧

  • Access アクセスのご案内
  • Anniversary アニバーサリーオプション
  • セミナー・会議
  • Photo Gallery 写真で見る裏磐梯
  • History 昭和38年からの歩み
  • Official BLOG 近隣情報等を発信!
  • メルマガ会員募集中
  • 裏磐梯&弥六沼ライブカメラ
  • ライブカメラに関するお知らせ
  • 裏磐梯高原ホテルFacebook
  • 裏磐梯高原ホテルYoutube

ページの先頭へ