イベント
Event

平田五郎 アラスカの旅「月を盗んだワタリガラス」版画展

平田五郎 アラスカの旅「月を盗んだワタリガラス」版画展

アラスカ旅行中に作られた彫刻の写真と版画により、遠くアラスカの旅を辿ります

ワタリガラスの神話に基づき、自身で制作したカヤックを使って、カナダから南東アラスカ沿岸部に広がるインサイドパッセージを単身北上した旅の記録です。途上に制作した彫刻により、神話と自身の体験とを重ねてゆく物語を版画にしました。

平田五郎 アラスカの旅「月を盗んだワタリガラス」版画展

アラスカ旅行中に作られた彫刻の写真と版画により、遠くアラスカの旅を辿ります

ワタリガラスの神話に基づき、自身で制作したカヤックを使って、カナダから南東アラスカ沿岸部に広がるインサイドパッセージを単身北上した旅の記録です。途上に制作した彫刻により、神話と自身の体験とを重ねてゆく物語を版画にしました。

平田五郎 アラスカの旅「月を盗んだワタリガラス」版画展 平田五郎 アラスカの旅「月を盗んだワタリガラス」版画展

■平田五郎プロフィール

1965 東京生まれ
1988 東京芸術大学美術部油絵科卒業
1990 同大学院壁画研究室修了

1990年に狭く深い穴を掘り内側にパラフィンワックスの壁を持つ白い部屋「Mind Space」を制作。心理的な自分の場所や部屋をつくることをテーマに凍結した湖上、西表島のマングローヴ林、砂漠、ヒマラヤ山中などをひとりで歩行して小さな彫刻を作るフィールドワークを行う。平行して美術館にてパラフィンワックスで家や部屋を造るインスタレーションの発表を続ける。主な展示は、「超日常-日本現代芸術7人展」(上海美術館)、「日韓現代美術展―自己と他人の間」(目黒美術館、国立国際美術館、韓国文化芸術振興院美術会館)、マニラ・メトロポリタン美術館)。「呼吸する風景」(埼玉県立美術館)、「ヴァイヴレーション―結び合う知覚」(宇都宮美術館)、「素景」(資生堂ギャラリー)「あいちトリエンナーレ2012」などに出品。

主催:裏磐梯高原ホテル 〒969-2701 福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字湯平山117 0241-32-2211
企画:公益財団法人ギャラリーエークワッド GALLERY A4

展示会・講演会一覧

  • Access アクセスのご案内
  • Anniversary アニバーサリーオプション
  • セミナー・会議
  • Photo Gallery 写真で見る裏磐梯
  • History 昭和38年からの歩み
  • Official BLOG 近隣情報等を発信!
  • メルマガ会員募集中
  • 裏磐梯&弥六沼ライブカメラ
  • ライブカメラに関するお知らせ
  • 裏磐梯高原ホテルFacebook
  • 裏磐梯高原ホテルYoutube

ページの先頭へ